愛犬がドッグフードを食べてくれない時の工夫や対策方法

愛犬がドッグフードを食べない時の工夫や対策方法は???

 

愛犬がドッグフードを食べてくれない時の工夫や対策方法

 

愛犬がドッグフードを食べない時はありませんか?

 

そんな悩みには、ごはんをあげる時にちょっとした工夫をすることで、食べるようになります。

 

しかし、その前になぜ食べないのか理由を知ることが重要です。

 

愛犬がごはんを食べないのは、飼い主に大きな原因があります。

 

飼い主であるあなたは、ドッグフード以外に犬用おやつや人間の食事をあげていることはありませんか。

 

このようなおやつや飼い主が食べている食事と同じ食べ物をあげることで、犬はドッグフードよりおいしいものを知ってしまうのです。

 

その為、ドッグフードを食べないということは、これを食べないことで他においしいものがもらえると思ってしまうのです。

 

 

愛犬がドッグフードを食べない時に必要な工夫や対策

 

食べない時の工夫の一つとして、犬用おやつや人間の食事をあげないことが第一歩の工夫なのです。

 

しかし、この第一歩が難しいのです。おいしいおやつや人間の食事をあげないと、犬はクンクンと泣いたり、目で訴えかけてきたりします。その姿を見て、かわいそうだと思い根負けしてあげてしまう方は多いです。

 

しかし、ここで諦めてずに、継続して頑張ることで次第にドッグフードを食べてくれるようになるのです。

 

次の工夫として、ドッグフードを出して五分以内に食べないようなら、一旦下げてしまう方法です。

 

食べないようなら、すぐに下げてしまうことで、ごはんを食べないとすぐに片づけられてしまうことを覚えさせます。

 

食べないでそのままにしてしまう場合に飼い主が片付けてしまう事でで、ごはんを貰えるのは飼い主に主導権があるということを認識させるのです。

 

愛犬がドッグフードを食べない時の多くは、愛犬に主導権がある状態で、お腹がすいた等の理由で飼い主が愛犬に合わせてあげてしまっている場合があるのです。

 

その為、愛犬は自分のペースでごはんが食べられると認識してしまっているのです。

 

これを根本の部分が改めさせるために、このような工夫をこらして改善させるのです。

 

どちらの方法も根気よく行う必要があります。

 

愛犬は一旦おいしいものを口にすると、その味を覚えてしまうため、長期的に頑張る必要があります。

 

しかし、犬用のおやつや人間の食事は、愛犬の健康には決して良くないのです。愛犬の健康のためと思い、根気よく上記の方法を取り入れてドッグフードを食べてもらうようにしましょう。